Home > 会員サポート > 設定マニュアル > メールの設定 > Microsoft Outlook 2013


サポートページ

メールの設定

Microsoft Outlook 2013の設定
※この説明は、Microsoft Outlook 2013が正常にインストールされていることを前提として作成しています。
ステップ1.
メールアカウントの作成(初回)
 
 
  1. 初回起動時に以下の画面が表示されましたら[次へ(N)]をクリックします。
  2. [電子メール アカウント]の画面で[はい(Y)]にチェックをつけ、[次へ(N)]をクリックします。
  3. [自動アカウント セットアップ]の画面で[自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)]にチェックをつけ、[次へ(N)]をクリックします。
  4. [サービスの選択]の画面で[インターネット電子メール(I)]にチェックをつけ、[次へ(N)]をクリックします。
  5. 以下を参考に情報を入力し、[詳細設定(M)]をクリックします。
    ユーザー情報
    • 名前(Y):お客様のお名前
    • 電子メールアドレス(E):お客様のメールアドレス
    サーバー情報
    • アカウントの種類(A):POP3 ※任意
    • 受信メールサーバー(I):popmail.gol.com
    • 送信メールサーバー(SMTP)(O):mail.gol.com
    メール サーバーへのログオン情報
    • アカウント名(U):メールアドレスの@より前の部分
    • パスワード(P):メールのパスワード
    • パスワードを保存する(R):チェックします ※任意
    • メールサーバーがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応している場合には、チェック ボックスをオンにしてください(Q):チェックしません
    アカウント設定のテスト
    • [アカウント設定のテスト]:クリックしません
    • [次へ]ボタンをクリックしたらアカウント設定をテストする(S):チェックします
    新しいメッセージの配信先
    • 新しい Outlook データファイル(W):チェックします ※任意

    入力が完了したら、[詳細設定(M)]をクリックします。
  6. 以下は全般のタブの入力例です。
  7. 「送信サーバー」タブを選択し、以下のように設定します。
    送信サーバー
    • 送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O):チェックします
    • 「次のアカウントとパスワードでログオンする」:チェックします
    • アカウント名:お客様のメールアドレス
    • パスワード:メールのパスワード
    • パスワードを保存する:チェックします ※任意
    • セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)に対応(Q):チェックしません
  8. 「詳細設定」のタブを選択し、下のようになっていることを確認します。
    詳細設定
    • 「受信メールサーバー(POP) (I)」:995
    • 「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要」:チェックします
    • 「送信サーバー(SMTP) (O)」:587
    • 使用する暗号化接続の種類:TLS
    • サーバーのタイムアウト:任意で設定
      (ウイルス対策ソフトがインストールされている場合には長くしておくことを推奨いたします)
    • 配信:任意で設定
      ※チェックを入れた場合、メールをサーバーから削除しませんので、メールボックスが満杯となり、メールが受信できなくなる場合があります。多くのメールを受信、または、大容量の添付ファイルを受信される方は、メールボックス容量追加サービス「メールプラス」のご利用をお勧めします。
      →「メールプラス」の詳細はこちら

      「OK」をクリックします。
  9. [インターネット電子メール]の画面で設定内容を確認し、[次へ(N)>]をクリックします。
  10. テスト アカウント設定が正常に完了しましたら[閉じる(C)]をクリックします。
  11. [次へ(N)]をクリックします。
  12. [完了]をクリックして設定終了となります。
「新しいアカウントの追加」ウィンドウが消えましたら、アカウントの作成は完了です。
必要に応じて以下へお進みください。